マツヤカワラ版

「3.11」

2021年2月号(2021年02月01日更新)

東日本大震災からもうすぐ10年が経とうとしています。

私の叔母が津波で命を落とし、震災から3週間後、葬儀のため岩手へと向かいました。内陸から沿岸へ車で進み、山沿いでは震災があった感じもないものの沿岸へ進むにつれ風景が変化していく様を今でも忘れられません。焼け野原の場所から海岸沿いに到着し目の当たりにした光景に、涙が止まらなかったことを今でも忘れることが出来ません。見つかったことだけでも奇跡と思えるほど、また被災者へ「頑張ってください」の言葉さえ言ってはいけないと思えるほど凄まじい状況でした。

神戸淡路大震災からも26年、風化させてはいけない、また備えが必要と分かりながら薄れていく記憶をもう一度思い出し、備えることが必要だと感じております。

まだまだ新型コロナウイルスも治まることがなく緊急事態宣言も延期がほぼ確定しそうですが暗くならず前向きにまた明るく過ごしていきたいと強く思っています。

ページトップへ遷移