マツヤカワラ版

「 麒麟がくる 」

2020年2月号(2020年02月05日更新)

新型コロナウィルスが世界を震撼させておりますが、皆様はお変わりなく

過ごされてますでしょうか? こまめな手洗いでウィルスを体内に取り込まないのが最善策のようですので、皆様もどうぞお気を付け下さい。

今年のNHK大河ドラマは、明智光秀が主役ですね。

タイトルは『麒麟がくる』。『麒麟』とは“仁政をする政者の前に現れる”伝説の獣であり、『麒麟がくる』=『麒麟を呼ぶような政者が現れる』というのが物語のキーワードになっているようです。個人的にとても楽しみに拝見しております。

【仁政】の【仁】とは儒教に於ける『五常の徳』の一つで『人を思いやる事(心)』   (仁政はその政治)という意味があるそうです。

経営と政治はまた違いますが『人を思いやる事』が大事というのは共通です。

まだまだ未熟ですが、人を敬い感謝の気持ちと思いやりを持ち続けられるよう日々精進して参りたいと思います。

まだまだ寒い日が続きますが皆様もお体にはくれぐれもご自愛ください。

常務取締役 玉西陽二

ページトップへ遷移