マツヤカワラ版

「蜂や蝶」

2019年8月号(2019年08月01日更新)

2~3年前からプランターでささやかにナスやキュウリの栽培を始めております。暑いこの時期、朝晩水は欠かさずやっているのですが、毎年2~3本くらいしかなかなか実をつけてはくれませんでした。それが今年はというと1本の苗木に次から次へと黄色のキュウリの花が咲き、全く満開(?)かと見まがうほどの花盛りに驚きました。ところが花の数に比べ実になるのはそれほどでもありません。きっと受粉されないからなのでしょう。今まで時折飛んで来ていた蝶や蜂の役割を改めて思い知った次第です。

蝶はともかく、蜂となると見たら網で追い回し退けていたのですが、今や大事な働きに改めて大歓迎(?)の気持ちで迎えるようになっております。

フト、人も皆立場を変えて見れば、それぞれ他に代えられぬ大切な役割を演じてくれているのではないかなあと静かに思った次第であります。

後先になりましたが先月の「どてらい市」、何かとご多用の中、会場に足をお運び下さった皆様に心からお礼を申し上げます。本当に有難うございました。

会長 玉西敏雄

ページトップへ遷移